2023.01.22オーディオ

ラックは強度優先で選ぶこと

ラックは強度優先で選ぶこと

オーディオ製品の多くは、意外と重量があります。 エントリークラスのアンプで10Kg、ミドルクラス以上になれば20Kgもあります。 更に、高級な真空管アンプやセパレート型のパワーアンプなどは30Kg近...

2023.01.21オーディオ

ロングセラーを樹立したエントリークラスの名機~デノン PMA-390Ⅳ

ロングセラーを樹立したエントリークラスの名機~デノン PMA-390Ⅳ

90年代にエントリークラスのプリメインアンプで金字塔を立てたデノンPMA-390、その4世代目にあたるミレニアム記念のPMA-390Ⅳ(2000年発売、定価4万円)です。 PMA-390は1991年に...

2023.01.21オーディオ

スピーカーの大御所が作ったパーソナルスピーカー~アルテックランシング FX6021-J

スピーカーの大御所が作ったパーソナルスピーカー~アルテックランシング FX6021-J

2000年ごろから出始めた手軽にPCやスマートフォンと繋いでデスクトップオーディオを愉しめるアンプ内蔵サブウーハー付きの2.1Chスピーカーシステムですが、今もなお根強い人気で各社から新商品が出てきて...

2023.01.20オーディオ

スペアナ

スペアナ

スペアナとは、スペクトラム・アナライザーのこと。 スペクトラム・アナライザーとは、音声周波数を24段階程度から32段階程度まで分割して、それぞれの周波数帯域の音量を目で見える形で測れる音質測定器です...

2023.01.20オーディオ

ハイコンポのFMチューナーを検証~ティアック T-H300

ハイコンポのFMチューナーを検証~ティアック T-H300

ティアックが1998年に発売したハイコンポ、アーネスト300シリーズのFMチューナーのT-H300(1999年頃発売、定価不明)です。 アーネスト300シリーズは、所謂横幅21Cmのハーフサイズのハイ...

2023.01.20オーディオ

オーディオと料理~味も音も同じ肌感覚

オーディオと料理~味も音も同じ肌感覚

美味しい料理を食べると元気になります、私の場合は音も料理とまったく同じ反応になるのです。 オーディオ道楽復活での音出し試験を兼ねた音質の組み合わせチェックにおいて、これが面白いように身体反応に出るの...

2023.01.19オーディオ

火入れ

火入れ

火入れとは、アンプなどを新規に購入して初めて電源を入れること、また単にその日初めて電源を入れる時にも用いることもある。 元々は、火力発電設備や陶器の焼き釜に火を入れることを指した言葉であるが、往年の...

2023.01.19オーディオ

トールボーイスピーカーの実力の程は?-4~デノン SC-T777SA

トールボーイスピーカーの実力の程は?-4~デノン SC-T777SA

2002年頃だったか、デノンのハイエンドAVアンプAVC-A1SRとエントリークラスAVアンプAVC-1850、そしてパイオニアのユニバーサルプレーヤーDV-S747Aを爆買いしてしまった時に更につい...

2023.01.19オーディオ

オーディオと敗北感~男の本能に見るペーソス

オーディオと敗北感~男の本能に見るペーソス

80年代中盤~後半のバブル経済期の頃、私の周りには多くのオーディオファン(マニア予備軍)が存在していました。 競って次から次へと投入されるアンプを買ったり、並行輸入で海外のアンプを買って皆で戦利品を...

2023.01.18オーディオ

枯らす

枯らす

枯らすとは、電子工学で使われるエージングのこと。 完成された製品は、本来1週間ほどのエージング試験を通してこなれた物にしてから出荷されます。 特にスピーカーユニットは製造後は硬い音がしますが、エージ...

  1. <
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7

PAGE TOP