Function5「オーガニック生活」は、食品やコスメなど、オーガニックや天然にこだわり、また、ナチュラルな美容法・健康法を支持する人たちによるオウンドメディアです。

オーガニック生活会員たちの最新情報

医食同源-28(香草/香辛料1 パセリ)

ファンシーフーズ

野菜に含まれる最も大きな成分は「食物繊維」で、水溶性と非水溶性の2種があり、水溶性は血液をさらさらにしてコレステロールを調整し、非水溶性はいわゆるファイバーで整腸作用があります。 その野菜の中でも特に「香草/香辛料」と呼ばれるものは、野菜本...
続きはこちら>

Posted by ファンシーフーズ | 2018年3月26日 08:00

たんぽぽパスタ(カルボ風トマトソース)

たんぽぽ普及協会

食用タンポポと春野菜を使って、野菜たっぷりのカルボナーラ風のベジタブルパスタを作りました。 食用タンポポと一緒に春野菜をたくさん収穫してきました。 野菜は、適当にカットしてオリーブオイルで炒めます。 ニンジンも葉野菜も、ごちゃまぜです! 勿...
続きはこちら>

Posted by たんぽぽ普及協会 | 2018年3月20日 09:00

陰陽バランス-10(意識の陰陽表現)

陰陽バランス食養学

運命波学から発祥したパーフェクト個性学、このパーフェクト個性学を、これまで運命波学では取り入れていなかった陰陽思想を入れて、行動心理に応用しようとして試みているのが、心理ロジック戦略です。 この心理ロジック戦略は応用学問であり、そのベース学...
続きはこちら>

Posted by 陰陽バランス食養学 | 2018年3月20日 08:00

医食同源-27(芋類4 ヤマイモ)

ファンシーフーズ

イモ類に含まれる最も大きな成分は「でんぷん」で、身体の中で糖に分解され身体を動かすエネルギーとして使われます。 また、同時に「食物繊維」も豊富で血液をさらさらにしてコレステロールを調整し、整腸作用があります。 今回は、日本と台湾に元々自生し...
続きはこちら>

Posted by ファンシーフーズ | 2018年3月19日 08:00

特性ミートソースのペンネ

イタリアーナ

和牛肉をじっくり煮込んで作られたミートソースにペンネを絡めた逸品。 ディナータイムの定番メニュー。 チーズをかけて濃厚な味をお楽しみください。 ワインは赤、どっしりした口当たりのフルボトル系のワインがお奨めです。 ...
続きはこちら>

Posted by イタリアーナ | 2018年3月14日 13:41

たんぽぽジェノベーゼ

たんぽぽ普及協会

今年も、食用タンポポのメニューをいろいろ研究しています。 これから、少しずつ公開していきたいと思います。   今回は、食用タンポポで作った、ジェノベーゼソースを使った簡単メニューの紹介です。 もっとも簡単なのは、ジェノベーゼソーズをそのまま...
続きはこちら>

Posted by たんぽぽ普及協会 | 2018年3月13日 09:00

陰陽バランス-9(酸とアルカリ)

陰陽バランス食養学

よく、健康をテーマにした記事などで「身体をアルカリ性にする・・・」というような内容が使われていますが、これは大きな間違いです。 そもそも、人間の身体細胞及び血液はph7.4前後の弱アルカリ性に保たれており、このバランスを維持するため高度な恒...
続きはこちら>

Posted by 陰陽バランス食養学 | 2018年3月13日 08:00

医食同源-26(芋類3 ジャガイモ)

ファンシーフーズ

イモ類に含まれる最も大きな成分は「でんぷん」で、身体の中で糖に分解され身体を動かすエネルギーとして使われます。 また、同時に「食物繊維」も豊富で血液をさらさらにしてコレステロールを調整し、整腸作用があります。 今回は、南米アンデス原産のナス...
続きはこちら>

Posted by ファンシーフーズ | 2018年3月12日 08:00

ゴルゴンゾーラと蜂蜜のフォルマッジョピッツァ

イタリアーナ

こちらが当店で大人気のゴルゴンゾーラと蜂蜜のフォルマッジョピッツァです。 フォルマッジョとはイタリア語でチーズのこと、ゴルゴンゾーラにパルメジャーノ・レッジャーノなどの数種のチーズを使った本格的なピッツァです。 蜂蜜には、板倉商店さんのフラ...
続きはこちら>

Posted by イタリアーナ | 2018年3月 6日 08:00

陰陽バランス-8(性ホルモン)

陰陽バランス食養学

やる気や闘争心を掻き立てるのが男性ホルモンの一種である「テストステロン」というホルモンです。 経済学者であり医学にも詳しいエルンスト・フェール氏はビジネスマンのテストステロン値が高い人ほど出世欲が豊富で何事に対しても真面目で努力家であるとい...
続きはこちら>

Posted by 陰陽バランス食養学 | 2018年3月 6日 07:00

« 前のページへ  1 2 3 4 5 6 

ページトップへ