• オンリーワンブランディングで自分流ビジネスを構築しよう!
  • オンリーワンブランディングでオリジナルメソッドを確立しよう!
  • オンリーワンブランディングで持てる能力を開花させよう!
  • オンリーワンブランディングでノウハウをマネタイズしよう!

オンリーワンブランンディングとは?

オンリーワンブランド構築支援協会

当社団は、その人独自の能力やノウハウを見出し、最も相応しいビジネス構築を指導できるオンリーワンブランディングマスターを育成し世に広めることで、起業を考えている人に起業の道を開き経済活動を支援することで、我国の経済活性化に寄与することを目的とする。

ブランディングとは

「ブランディング」とは「CI(Corporate Identity)」の一つの手法で「顧客の信頼を得て企業価値を高める企業戦略」を指し、決して安直にブランドを作り上げて知名度を上げる事ではない。
ちなみに「CI」は「統一されたイメージやデザインによって企業文化を構築し、価値を高めることによって顧客と利益を共有する」というのが最終目的である。
現在、巷にはこのどちらでもない「有名になって集客に活かす」というSNSなどを使って知名度を上げるという集客方法が横行している。
これらはブランディングでもCIでも何でもない、ただの仮想空間上でカリスマを作り上げるだけでマネタイズ方法を構築できるわけでもなくビジネスには無関係の結果しか残らない。

企業経営とは未来永劫継続するものである、つまりは瞬間の名声ではなく継続して信頼と実績を勝ち得て行かなければならない。
商品やサービスの信頼は、一過性のものではなく進化しながら顧客満足度を維持していかなければならず、これが企業の第一義である企業価値向上&顧客満足度に繋がるのである。
企業価値とは有名になる事ではない、継続した信頼感から自然に口コミなどによって有名になって行くものでなければならない。

オンリーワンブランディング

「オンリーワンブランディング」とは、2014年6月に経営コンサルタントの伊東久雄によって長年積み上げられてきた多くのコンサルティング経験から得られた事例を全業種対応可能な形に体系化し確立された独自のブランディング手法である。

他のブランディング手法と最も異なる点は、経営コンサルティングの「起業&事業構築コンサルティング」及び「事業インキュベーションコンサルティング」手法をベースにしているということ、この手法により実際に多くの経営者が起業し業績を伸ばしている確固たる根拠を持っているという点である。
「事業インキュベーション」とは、事業戦略を構築し継続的に利益を上げ事業として成功を収めるまでをサポートするコンサルティングであり、ここで最も重要なのがマネタイズ手法(何をどのようにお金に替えるか)である。

ブランディングはアイデアではなくテクニック

自身のビジネスがマジョリティを必要としているのかマイノリティを必要としているのかと言う事に着目する必要があります。
これによって、ブランディング手法が180度変わるからです。

例えば特徴的な技術を武器にするような企業は、極限られたニーズで有る可能性が高い、であれば顧客は誰でも良いと言う事では無くて確実なニーズを持つ企業だけに認められれば良い事になる。
集客もマネタイズ手法も業種によって完全にアレンジしなくては意味の無いものとなってしまう事を意識しなくてはならない。

戦略のない集客やマネタイズ手法は、やってみれば解るように利益に繋がらないものばかりとなる。
そしてブランディングとマーケティングの最も異なる点がここにある、ブランディングはターゲットを明確にしたうえで、入口戦略(集客)ではなく出口戦略(ターゲット&状況)から逆に入口戦略へと構築を進めるからである。
企業価値が構築できていない中小企業が行うのは大企業の営業手法であるマーケティングではなく企業価値からの創造を行うブランディングなのである。

このページの先頭へ▲